マイクロチップ登録制度に関するお知らせ

令和4年6月1日から、ブリーダーやペットショップ等で販売される犬や猫について、マイクロチップの装着が義務化されます。

それに伴い、指定登録機関として、公益社団法人日本獣医師会が指定され、こちらで飼い主さんの情報などは管理されるようになります。


当院で今までにマイクロチップを装着した飼い主さんには、

「公益社団法人日本獣医師会が民間事業として実施しているマイクロチップ登録制度(AIPO)」をご案内しております。

こちらは、6月1日から登録ができるようになる、環境省のマイクロチップ情報登録の制度とは異なります(名前が同じなので紛らわしいのですが…)


犬や猫のマイクロチップを、AIPOに登録している飼い主さんは、

令和4年5月31日までに「移行登録サイト」にアクセスし、手続きをすれば、

無料で環境省のデータベースにも登録ができます。

マイクロチップ番号を病院で調べることは簡単ですが、番号から知りえる飼い主さんへの情報アクセスは限られており厳重に守られています。

(私たちのような、いち町の動物病院のスタッフは簡単には情報へアクセスできません、AIPOに関しては獣医師会の決まった獣医師のみアクセスできるようになっています)

迷子になった際など、早く見つけてあげるためにも、これから主体となる環境省のデータベースに登録しておくメリットは高いと考えられます。

ぜひこの機会に登録手続きを行ってみてください。


詳しくはこちらのサイトをご参考ください。


はな動物病院

住所:愛媛県松山市井門町1212-2

 松山中央高校とサンパークの間、

 はなみずき通りや松山ICどちらからもアクセスしやすい場所です

☎ 089-948-4893

はな動物病院BLOG

はな動物病院からのお知らせ お役立ち情報から病院日記まで