何で毎月?フィラリア予防薬

前回はフィラリアは犬以外にも感染する!というお話をしました。

今回はフィラリア予防薬って何で毎月飲むの?についてです。 


フィラリアの予防として毎月1回、チュアブルタイプ(食べるタイプ)のお薬をあげている方が多いと思います。

そんなフィラリア予防ですが、何故毎月予防しないといけないのか、

それはフィラリア予防薬の効く期間があるからです。 


はじめにフィラリアの感染について

1mmほどの大きさのフィラリアは、蚊が血を吸うために開けた穴から動物の体内に入っていきます。

しかしすぐに心臓には向かいません。

ある程度体が大きくなるまで犬の体内を移動したのち血流にのり、心臓を目指します。

心臓に到達する頃にはメス虫は25~30cmほどまで(!)成長しています。

そして、そこで卵を産み生まれた子虫は蚊が犬の血を吸いに来るのをまっているのです。 


このようにフィラリアは犬の体内で成長します。

この間に犬の体内を移動しながらさまざまな臓器で炎症を起こしていきます。 


ではフィラリア予防薬は一体どうやってフィラリアを予防しているのでしょうか? 


実は予防薬はフィラリアが蚊の開けた穴から犬の体内に入り皮膚の下で大きくなろうろする、この時期に効果を発揮するのです‼

フィラリアが体内で大きくなろうとするのを防ぐことで、血管に入る大きさまで成長させないようにする働きがあります。 


逆に皮膚の下で成長しようとするこの時期にしか効果を発揮しないので、それ以外の時期だとフィラリアの駆虫ができません。 


しかも薬の効果は数日で切れてしまうので、月に1回必ず投薬する必要があります。 


暖かい年は遅くまで蚊が飛んでいることがあります。

蚊が見られなくなった後の1ヶ月の予防が最重要となります! 


最後までしっかり予防しないと、次の年の予防時期までにフィラリアが犬の体内で成長してしまい、予防薬では駆虫できなくなってしまいます。

ですので暖冬の年は特に気を付け、その年の最後の予防を確実に行ってください‼ 


今回は2回にわけて意外と知らないフィラリアについてご紹介してきました。

フィラリアは予防することは簡単ですが、感染すると治療が難しい寄生虫です。

皆さんも毎月フィラリアを予防し、お家の子と楽しい夏を過ごしてくださいね‼ 


はな動物病院 重松

はな動物病院BLOG

はな動物病院からのお知らせ お役立ち情報から病院日記まで